海外渡航前のPCR陰性証明書が必要なら

予防接種・トラベルクリニック

海外渡航前
PCR検査センター

PCR Inspection

渡航前PCR検査センター
受診の仕方

PCR検査のご予約はこちら
  • Step1

    予約システムからご予約下さい。PCR検査枠の調整の相談も可能ですので、予約システムから予約枠が取れない場合は、お電話(090-8568-3336)、メール、ご相談フォームからご相談ください。
    現在コロナワクチン予約のため、お電話が繋がりにくい状況のため、メールやご相談フォームが確実です。

    ご相談フォームはこちら
  • arrow
  • Step2

    ご予約の日時にパスポート原本もしくはコピーをご持参頂き、ご来院ください。
    保険証がある方は保険証もご持参ください。

  • arrow
  • Step3

    検査結果が出ましたら(当日もしくは翌日)メールで通知いたしますので、そのメールに記載されてあるURLから陰性証明書をダウンロードしてください。
    今後、陰性証明書は全てデジタル発行となり、データのみとなります。

海外渡航前PCR検査センター

PCR検査

PCR検査費用は、陰性証明書込で、3万5千円税込となります。
中国渡航の方は、IgM抗体検査5000円税込が追加となり、4万円税込となります。

陰性証明書は、予約システムから結果が通知され、そこからダウンロードできます。
紙媒体が必要な方は、カラーでプリントアウトして頂ければ原本として使用可能です。

PCR検査のご予約はこちら

当院でのPCR検査の概要

検体採取には、スワブによる鼻咽頭検査と唾液の検査がありますが、世界的には唾液でのPCR検査を認めている国はほとんどなく、世界標準の検査はスワブ検査による鼻咽頭検査になります。そのため、確実に渡航できるよう当院のPCR検査センターでは原則鼻咽頭検査としております。院内での唾液検査は、飛沫拡散の恐れが高く、汚染区域が広がる恐れがあるため、当院では行いません。
当院では公立陶生病院感染症内科専門医に指導して頂き、ゾーニング(汚染区域、清潔区域などの区域分け)を徹底しており、鼻咽頭採取においても標準予防策を行っており、感染症対策は万全を期しております。
なお、無症状者においても、非常に低い確率でPCR検査が陽性になることがあります。陽性になった場合は、感染症法に基づき、保健所に連絡することになりますので、以降は感染者として保健所の指示に従うことをご同意ください。陽性になった場合は海外渡航はできません。

当日に陰性証明書の通知メールが
届かない場合の対処法

  1. 予約完了メールが届いているかの確認をお願い致します。
    →これが届いていなければ、通知メールは届きません。他のメールアドレスをご教示ください。
  2. 迷惑メールに届いていないかの確認をお願い致します。
  3. 企業様等・本人以外が代理で予約取得している場合は、結果通知をしても陰性証明書がダウンロードできない場合がございます(予約番号・日中の連絡先等が知らされていないことがあるため)。本人以外が代理で予約している場合については、ご本人にメールで陰性証明書を添付してお送り致しますので、ご本人の添付メールが受け取れるメールアドレスをご教示お願い致します。
  4. キャリアメール(i.softbank.jp、ezweb.ne.jp、docomo.ne.jp等)、会社のメールアドレスの場合、セキュリティ上の問題のため、添付ファイル付メールやURLの記載されたメールは届かない事例があります。
    →この場合の対処法としては、他のメールアドレス(yahoo, Gmail, icloud, hotmail等)をご教示ください。
  5. 下記のURLにアクセスし、予約の際に入力した予約番号・生年月日・日中の連絡先を入力すると、陰性証明書がダウンロード可能です。
    https://orchid-familyclinic.online-karte.jp/rsv/r/check/15
    QRコード
  6. 当院の連絡先
    当日中に陰性証明書の通知メールが届かない場合・陰性証明書がダウンロード不可能な場合は、下記に連絡をお願い致します。
    TEL:090-8568-3336

    お問い合わせフォーム

pagetop