フィリピンにおけるデング熱の流行について | お知らせ・トピックス|藤が丘オーキッドファミリークリニック

予防接種・トラベルクリニック

お知らせ詳細

News / Topics
2019.07.17

フィリピンにおけるデング熱の流行について

2019年は東南アジアの国々で、デング熱の患者数が急増しています。フィリピンでは、2019年1月から6月までの半年間で、約10万人のデング熱患者が報告され、456人が死亡したと発表されました。

デング熱は蚊が媒介するウイルス感染症です。比較的軽症のデング熱と、重症型のデング出血熱があります。軽症のデング熱では、インフルエンザに似た症状に加えて発疹がでることがあります。

デング熱はワクチン自体は世界には存在はしますが、日本には存在せず、一般的には接種できません。唯一の予防法は蚊に刺されないようにすることです。

防蚊対策で重要なのは、長袖・長ズボンなどで皮膚の露出を少なくすることや忌避剤を使用することです。忌避剤の成分であるDEETは30%のものを、イカリジンであれば15%のものを使用してください。短期の渡航の方であれば、ドラッグストアで機内持ち込みできるサイズの忌避剤を購入して行かれるとよいでしょう。

藤が丘オーキッド
ファミリークリニックについて

診療時間

休診日・・・
水曜日午後・土曜日午後・日祝

診療科目・・・
脳神経外科・内科・小児科

〒465-0032
名古屋市名東区藤が丘143 藤が丘公団1号棟2階

電車でお越しの方
地下鉄東山線「藤が丘」駅北口をでて正面のミスタードーナツを左に曲がると40m先に立看板が見えます。エレベーターで2階にお上がりください。
お車でお越しの方
提携駐車場260台分( 藤が丘effe
必ず駐車券をお持ちください。 受付から会計までの時間に30分を加算した分の料金を負担いたします。

pagetop