けが・動物咬傷外来なら名古屋市の藤が丘オーキッドファミリークリニック

予防接種・トラベルクリニック

けが・動物咬傷外来

Trauma and Animal Bite Center

けが・動物咬傷外来

当院は外科系のクリニックであり、ケガの処置及び動物に咬まれた場合の処置を行っています。

  • ケガの場合

    受傷機転・受傷部位・程度・経過時間により治療は異なります。当院では全身の小外科的な処置(洗浄や縫合処置)を行っております。創部の処置は、局所麻酔を行い、傷の中をよく洗浄し、場合により縫合処置を行います。創部の汚染が強い場合や壊死した組織がある場合は、そうした組織を切除致します。創部処置の後は感染を防ぐため、抗生剤内服が必要です。
    当院では特に頭部外傷に特化しております。ケガが生じた際はご連絡ください。
    なお、頭蓋内に出血等が考えられる場合・整形外科的な骨折疑いの症例は、直ちに総合病院を受診して頂く必要がございますので、総合病院に紹介となります。当院ではレントゲン撮影は可能ですが、CT検査はできません。

  • 動物に咬まれた場合

    動物に咬まれた場合、まずは当院にご連絡ください。咬まれた場所、創部の状態により処置は異なりますが、局所麻酔を行い、傷の中をよく洗浄し、縫合は行わず、開放状態のまま創部管理とします。
    動物咬傷の場合は細菌感染の可能性が高いため、縫合してはいけません。創部の汚染が強い場合や壊死した組織がある場合は、そうした組織を切除します。
    開放状態のまま管理するため、創部が治癒するまでは時間がかかります。創部の状態により異なりますが、通常数週間~数か月程度かかります。創部処置の後は感染を防ぐため、抗生剤内服が必要です。

破傷風トキソイド曝露後接種
ケガをした・動物に咬まれた場合、今までの破傷風ワクチンの履歴によっては、破傷風発症予防のため、破傷風ワクチンが必要になることもあります(曝露後接種)。傷の状態によっては、破傷風ガンマグロブリンが必要な場合もあります。
狂犬病曝露後接種
海外で動物に咬まれた場合は、狂犬病発症予防のため、狂犬病の曝露後接種が必要です。詳しくは、帰国後診療のページをご参照下さい。

One Health Approachへの取り組み

WHO(世界保健機関)は、「One Health Approach」について、「人、動物、環境の健康のバランスをとり、最適化するための統合的、統一的なアプローチである」と定義しております。当院では、このOne Healthの概念に即して、公衆衛生及び人畜共通感染症に対して統合的に診療を行っております。

whoのOneHealth概念図
WHO:Annual business meeting and technical conference 2022
Local-level policy recommendations: operationalizing a One Health approachより引用

藤が丘オーキッド
ファミリークリニックについて

診療時間

休診日・・・
水曜日午後・土曜日午後・日祝

診療科目・・・
脳神経外科・小児科・感染症内科

初診の方の受付は18:00までとなりますの予めご了承ください。

LINE、Instagram始めました。
是非、友達追加・フォローをお願い致します。

  • LINE 友だち追加
  • Instagram

〒465-0032
名古屋市名東区藤が丘143 藤が丘公団1号棟2階

電車でお越しの方
地下鉄東山線「藤が丘」駅北口よりすぐ
お車でお越しの方
近隣に駐車場0台分有
※駐車場チケットサービスあり

pagetop